美容整形ガイド

脂肪吸引とは、カニューレという吸引管によって直接脂肪を摂取する痩身法です。脂肪吸引では皮膚に穴をあけて直接脂肪を摘出するため、痩せたい部分を確実に細くすることができます。

脂肪吸引では、脂肪をとりこんで大きくなる脂肪細胞そのもの吸引して少なくすることができるため、細くなるだけではなくリバウンドしにくい身体へと導くことができます。

脂肪吸引は即効性が高い反面、術後に痛み、腫れ、内出血、硬縮などのダウンタイムが長期に及ぶ問題を抱えます。理想的な仕上がりを得るためには、施術そのものと同時に適切なアフターケアを行う必要があります。

チューメセント法によって安全性が向上

従来は脂肪吸引といえば安全な麻酔方法や吸引方法が確立されていなかったこともあり、危険性が高くトラブルが多い施術でした。

現在の脂肪吸引では、チューメセント法(ハイパーウエット法)といわれる方法が確立され、安全性が劇的に向上しています。チューメセント法とは、大量の生理食塩水に局所麻酔剤や止血剤を加えたものを脂肪を吸引する前に皮下層に注入し、脂肪をふやかしてカニューレの操作性を高め、出血を最小限に抑えて安全で効率的に脂肪吸引を可能にする方法です。

チューメセント法では、施術部位に局所麻酔剤を注入することでトータルの麻酔量を抑えることができるため、麻酔によるトラブルが劇的に軽減されています。

従来の脂肪吸引は全身麻酔で行い、痛みを抑えるために麻酔量が多くなるという危険性がありました。また、出血も多いため輸血が必要でした。チューメセント法はそれらの問題をクリアにした安全性の高い方法です。

脂肪吸引で失敗しないために・・・

脂肪吸引においての一番の心配は、理想通りの仕上がりになるかということだと思います。また、施術の安全性に対する不安もあると思います。

脂肪吸引を成功させるためには、経験豊富な医師に行ってもらうことが重要です。脂肪吸引は医師の経験・技量によって仕上がりに差があるといわれ、例えば経験不足の医師ではバランス悪く脂肪を摂取してしまい、術後にデコボコになってしまうことがあります。

また、経験不足の医師によって死亡事故につながるケースが近年でも確認されています。(例えば、腹部の脂肪吸引において吸引管で内臓を損傷しまった事故などです)。チューメセント法により麻酔によるトラブルは劇的に改善されても、医師の技量によって深刻なトラブルを引き起こす可能性があります。そのため、評判の良い病院で経験豊富な医師に行ってもらうことが重要です。